レトルトカレー制作、お店の事(趣味雑談など)

【ハルさんのカレー】オリジナルのレトルトカレー制作の為にコツコツと動いてます / カレーの企画会社にお邪魔しました【その1】

こんにちは。
久々にジム行って、走って、カロリー落として、帰りにマクド寄って、カロリー3倍に増やしてきたハルさんです。

美味しすぎるでしょう、ハンバーガー。
昔より美味しい新商品もたくさん出てるし。

でも今回はハンバーガーではなく、カレーの話

オリジナルのレトルトカレーの制作を夢みて、打ち合わせに行ってきました。

行動せねば意味なし
即断即決、即行動、即切り替え、これが唯一自分が誇れる長所と言って良いでしょう。
ただ行動したらいいわけでもありません。。
考えて考えて、調べて調べて、そして即行動に移すのです。
そこが大変なんですけどね。。

そして今回お邪魔した会社は「株式会社ミッション」様です。

レトルトカレーの開発製造をされてる会社です。


大阪にある会社で久々電車乗って行ってきました。

あんまりビルって入った事ないので

ワクワクします。

レトルトカレー制作までの道のり

今回のレトルトカレー開発に向けての手順としましては

企画会社に相談

食品工場

生産

です。


食品工場に直接お願いする事もできますが、ロット数が多いです。
いつも食品工場とやり取りしてる企画会社どとロット数も少なく、打ち合わせもスムーズです。

  • 一度、レトルト化を経験した事がある
  • 大量生産をしたい
  • 流れがわかっている

こんな方は直接食品工場とやり取りで。

  • 初めてレトルト化をする
  • 勝手がわからない
  • 小ロットでお願いしたい

僕みたいな方は企画会社に相談する方がいいです。

ハルさん

僕はパッケージデザイン重視にしたいので、紙箱は印刷会社に直接頼む事にしました。


通常、紙箱制作まで企画会社に依頼できるのですが、1商品で3パッケージを考えてるので、カレーはパウチ納品で紙箱は別の会社に頼む形にしました。

食品工場はパウチ状態のみのとこや、紙箱までしてくれるとこに分かれますので、確認が必要です。

また納期期間やレシピ決定まで費やす時間など、3~6ヵ月考えないといけません。


自分のお店で完結する新作メニューやギフト制作など、そこまでかかる事はなかったので、これも飲食業とはまた違う、製造業よりなのかなと思います。
もちろんかかるお金も大きいです。

カレーに本棚!並ぶと壮観!

会社内にはレトルトカレーがたくさんありました!

こんな感じで並ぶと

壮観ですねー!


色んな種類のカレーがほんとありますね。
スーパーでは置いてないご当地カレーもたくさんあります。

いずれ自分のカレーも数種類作ってカレーの本棚を作りたいですね。

これからレシピ作成やパッケージも考えていきます。

パッケージ戦略で絵本のようなレトルトカレーを作りたい事を伝えました。
1商品で3パッケージを考えてるので、パッケージは印刷会社に頼む方が効率がいいとなりました。
基本は1カレー、1パッケージです。


工場の方で紙箱に入れて出来上がった状態で納品が普通ですが、僕の場合は自分で箱に入れる事にします。
手作業が増えて大変ですが、パッケージにはこだわりたいので。

まずは納得のいくカレーのレシピ作成からです。
これから数回打ち合わせしていき、サンプルを作ってもらいます。
段々と話が進むと楽しいですが、怖いですね。
上手くいくのだろうかと不安な気持ちもあります。
でも良い物を作れるよう頑張っていきます!

パッケージデザインも別で作家さんと話を進めてます。
別々で進めていかないといけないので、忙しい。
貧乏暇なしです。

今度はデザインの話をしていきます!

↓各ジャンルの他ブログが読めます↓
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


毎日レトルトカレー