お財布に優しいお手頃なレトルトカレー

神戸はいから食堂のレトルトカレー、「牛すじカレー」を食べてみた。カレーは正義。濃くは味方。

今回のレトルトカレーは牛すじカレー

これから更新頻度をどんどん上げていきますのでよろしくお願いします!
書き方も色々変えてみるヨ!
しっくりくるのを探すのさ。
今回のレトルトカレーは神戸はいから食堂さんの「牛すじカレー」
黒のパッケージに白い文字がドンッと載っててインパクトある。
この何とも言えぬ強さが感じる…

パッケージはこちら

後ろのパッケージも

「柔らかく煮込んだ牛すじ肉の欧風カレーです。」なるほど、王道ってやつである。

辛さは中辛、これもど真ん中って感じだ。
最近は箱事、電子レンジに入れて温めるタイプが多くなってきている。
でもハルさんは箱を保管したいのでNO!
お湯でアタタメルヨ!!
では早速実食とイクヨ!!

カレーとレトルトカレーの違いとは?

ハルさん

パクッ、もぐもぐ。。うーん。。

これは、レトルトカレーだ。
レトルトカレー特有の匂いがする。
パウチの香りと言うのであろうか、なんとなく言いたい事が伝わると思うがそうゆうことだ。
やはり、カレーとレトルトカレーの大きな違いは特有の匂いだと思う。

具材は少なめ、辛さは中辛表記ではあるが甘めだった。

色は黒い、肝心の牛すじはあまり感じず…
これは期待し過ぎたかもしれない。
オリジナルのレトルトカレーを作りたいと思ってるハルさんだが、やはり注意すべき点は
レトルトカレーの匂いを外せるか=レトルトカレーの壁を越えれるか
この点だと思う。

ハルさんの身勝手採点


少々、辛口採点になってしまったかもしれない。
ただ、美味しい!と思えるレトルトカレーもあるのでどうしても点数の幅は広げないと
いけないと考えてるノヨ。
パッケージに関してはカレーの写真を使わず、文字だけで訴えるのは面白いなぁと感じた。
他が写真を使うので並べた時に目が惹く。
パッケージでギフトになるのか、食事用になるのか重要なポイントだろう。
まァハルさんにはまだお早い話ですがね。

本日のまとめ

今回勉強になった点は

レトルトカレーの匂いを外せるか=レトルトカレーの壁を越えれるか

これですね。

では次のカレーで会いましょう。

毎日レトルトカレー